ものの言い方

アーク引っ越しセンターから若い男性2人と中年男性の計3人で来ていただきました。

 

しかし、中年男性が3人の中で一番後輩なのか若い方達が中年男性の方に物を言う態度があまり良くなく一緒に居るこちらが気を遣ってしまうほどでした。

 

確かに入社した年数によって、年齢に関係なく先輩・後輩関係が出来るのは仕方ないと思いますが客の目の前で「おい、お前!」や「何やってんだよ、つかえねぇー」と言うのはどうなんでしょうか。

 

何も言い返さずひたすら謝りながら仕事をする中年男性に同情する私が甘いのでしょうか。

 

主人には「仕事なんてそんなもん。」と言われてしまいましたが、先輩・後輩の関係でも社会人である以上は言葉遣いにも少し気を付けて欲しいと思った引っ越しでした。

 

引っ越しするとなるとお金がどうしてと色々とかかっしまうものです。

 

誰でも出来るだけ安く済ましたいと思うと思います。

 

我が家も少しでも出費を減らすために、引っ越しパックは1番安いものにしました。

 

引っ越し先も元の家から徒歩で5分程だったので自分達で運べるものは運んで家電などを業者さんに運んで貰おうと思ったのです。

 

しかし、業者さんは荷物が少なくても段ボールで40箱までは金額が一緒なので重たいものや数が多いなら残しておいて構わないですよ、と言っていただきました。

 

しかし、自分達で運ぼうと素人の私が食器を梱包し、段ボールに入れ、素人の主人が運ぼうとしたところ手を滑らせ落としてしまい、ほとんどの食器が不燃ごみに。

 

落とさないで運べた食器の段ボールもいくらか割れてました。

 

買い直すのに結構お金かかったので食器類は梱包も含めプロにお願いした方がいいと思います。

関連ページ

金額だけじゃない
アーク利用者に当日の感想やアドバイスをお聞きしました。アーク作業員の品質が知りたい方に必見の内容。
事前の見積が大事
アーク引っ越しセンターの利用体験記録です。 一緒に梱包が楽になるポイントを紹介中。言い業者の選び方の載っています。
安いプランはスケジューリングが大変
アーク引っ越しセンター利用経験者によるプラン・業者の選び方です。退去時に揉めない簡単なポイントも一緒に載っています。
困った事
アークなど多数の業者を比較して依頼先を決めたときの体験談です。一括見積りならではな問題点の他に梱包のコツをご紹介!